いつも当ブログをご愛読いただきありがとうございます。
鯉速管理人です。

昨日はカープ選手による二つのトークショーがありまして、それに参加してきました。
一つは小窪哲也選手のトークショー、もう一つは前田健太選手と堂林翔太選手のトークショーです。
この記事を読まれてる方でもこのイベントに参加された方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回も2ちゃんねるのまとめではなく、以前書いた達川さんの講演会に続いてまた番外編となります。
あまり文章はうまくないかもしれませんが、どちらも楽しいイベントだったので、雰囲気だけでも伝われば幸いと思い、記事にしてみました。
ということで今回も少しだけお付き合いいただけたらと思います。
それと、記憶だけを頼りに書き連ねたので、もし見に行った方でそれちょっと違うよ~ってのがあればどんどんご指摘ください(*・ω・)ノ


それでは、どうぞ! 

まずイベントの一つ目、小窪哲也選手のトークショーです。

これは広島県の安芸郡海田町という町で「福祉保健まつり」という催し物がありまして、
そのお楽しみイベントとしてカープ選手が特別ゲストでやってくるというものです。
小窪選手、トレーナーの鈴川さん、RCC中国放送の横山アナを迎えてのイベントでした。
この海田町はマツダスタジアムから言えば車でおよそ20分ほどで到着する町です。 

小窪019


地域の小学校の体育館であったイベントなのですが、福祉保健まつりとのことで、小学校の周りでは色々な催し物がありました。
しかし福祉とはいえ、そこはさすがの広島。

焼きそば売るのにもなぜか店員さんがカープユニでしたw(*´∇`*)BlogPaint

地域の方々にはホント申し訳ないのですが時間ぎりぎりだったのですぐさま小窪の元へと急ぎました。
会場は海田西小学校という公立の小学校の体育館です。
いたって普通の体育館です。

20131124_小窪018


体育館の入口に立て看板がありました。
書いてあります書いてありますよ、小窪選手です。
仮面ライダーと共に書いてあります。 それに鈴川トレーナー。20131124_小窪016

そしてなぜか小窪哲也選手「ほか」と伏せてありましたが、実はこれ石井琢朗コーチらしいです。
師弟でイベントにやってきたわけですね。
自主トレも共にする三人ですしホント仲良いですよね。


すでに開演時間が迫っていたのでいそいそと中に入ります。
こんな感じです。まさに体育館ですね。懐かしい感じ。

20131124_小窪008


中に入ると間もなくしてショーが始まりました。
まず横山アナが話し始め、小窪選手のことを紹介したかと思いきやさっそく小窪選手が何事もなく普通に登場しました。
左側が小窪選手、真ん中の帽子が横山アナ、右側の黒服の方は手話で説明されてる方です。

20131124_小窪001

小窪選手登場時は客席から数人ほど「小窪!」「ボボ!」など声援が飛んでました。
小窪ユニを着た熱い方もいらっしゃいました。
見に来られてるお客さんは地域のイベントとのこともあってか、家族連れが多かった印象です。

小窪選手は緊張してるのか、それとも単に照れてるのか、少しおどおどした感じでかわいかったですw
横山アナが小窪選手に向かって、そろそろイスに座ってどうぞと手でジェスチャーしてる時に、なぜか小窪選手も自分のイスに向かって「どうぞ」と手でジェスチャーしてましたw
座り方もぎこちなかったので、やはりちょっと緊張していたのでしょうか?

20131124_小窪003

トークは横山アナがひたすら質問し、小窪選手はただそれに応えるというような形で進行していて、しゃべっているうちに段々と小窪選手もほほが緩んできました。
20131124_小窪004

横山アナは、小さいお子さんもたくさんきてるとのことで、これまで小窪選手はどういう野球人生だったかを振り返るような質問をされていました。
小窪選手は、自分の体格が小柄だったこともあり、
自分のことを凄いと思ったこともなく、少年時代はただただ野球が大好きで楽しくてやっていたそうです。
20131124_小窪005

そして高校に入ったあたりからは勝つことの楽しみを覚え、またより強いチームで活躍したいという思いが芽生え始めたと言っていました。
しかしそれを目指して大学(青学)に入ると、周りは化け物揃いでびっくりしたらしいです。
それはプロに入ってからはさらに思い知らされたとのことでした。

20131124_小窪006

ちなみにプロで凄いと思った投手は元楽天の岩隈投手と答えていました。
そしてなぜか横山アナも過去野球をやっていたらしく、工藤投手と同級生で対戦したことある、あの球はブーメランのように曲がってきて恐ろしかった、など熱弁されてましたw

20131124_小窪014


・・・っと両者の話しがノッてきたところですが、、、
残念なことにここで僕は体育館を出ます(-"-)


実はこのイベント、お昼の12:00から始まったのですが、13:00からはマエケンと堂林のトークショーが始まっちゃうんですね。。。
まだ琢朗さんも鈴川さんも見てないし、小窪選手の話しもまだまだ聞きたかったのですが、そっちも見てみたい!(>_<)
なぜ同じ日、同じ時間帯に・・・。
琢朗さんの姿を楽しみにされていた方には申し訳ないです(*;ω人)ゴメンネ…
辛いところですが、堂林に会うためにもここはグッと堪え、小窪を切り捨てます



そして向かった先は、広島市は皆実町にある「ゆめタウン広島」というショッピングセンター。
マツダスタジアムからもそうですが、先ほどの海田町からも車で15分ほどの所です。
広島の方ならまずご存知かと思います。
二つ目のイベント、前田健太&堂林翔太選手のトークイベントがここで行われました。
この二人に無料で会えるなんて、なんだか贅沢ですよね(^^)

20131124_マエケン&堂林024

噂では開店前から並んでいる猛者がいると聞いていたので、駐車場は空いてないだろうなーと思っていましたら、まあ案の定・・・
BlogPaintBlogPaint

どこも空きがありませんでした。
いつものようにのんびり待っていれば空きそうですが、時間もないのでここは予定通り近くのコインパーキングに停めます。

そしてエッサエッサと歩き店内へ。
本会場へと急ぎました。


するとなんとまあ、

人!人!人!
20131124_マエケン&堂林001

人でいっぱいでした。
もう会場を囲むようにカープファンで溢れかえっています。

20131124_マエケン&堂林002


この場所は1階が見えるように上の階まで吹き抜けになってるような形の場所なんですが、
もう2階も3階も人でいっぱいでした。
20131124_マエケン&堂林008

昨年も同じ場所でマエケンと琢朗さんのトークショーがあって見に行ってたのですが、その時よりもかなり多いように感じました。
どこかの新聞社が約1000人とか書いてましたが、実際そんなもんじゃないような・・・
とにかく人がいっぱいでした。


時間が来てさっそくショーが始まりました。
このイベントは日清食品のどん兵衛主催のイベントなので、まずはどん兵衛にまつわるクイズや宣伝が行われていました。
みんな大人しくしていますが、内心はマエケン堂林を待ちわびてウズウズしてたもしれませんw

20131124_マエケン&堂林005


30分ほど経った頃、司会進行もRCC坂上アナと交代し、いよいよお目当てのトークショーが始まりそうな雰囲気になりました。
会場のお客さんもザワザワ・ワクワクしています。
そして・・・



20131124_マエケン&堂林009_2

「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!」



本人達の登場にもう割れんばかりの歓声です!
普段の野球観戦のワーッ!!パチパチパチー って感じじゃないです。
歓声と言うか悲鳴に近いような、いわゆる黄色い声援ってやつですね。
もうアイドルですよアイドル。
キャー!も6秒くらいのロング悲鳴でしたからね。

マエケンと堂林が登場してしばらくは本人が少し動くだけでもキャーキャーとなるような、一挙一動でお客さんがみな興奮するようなそんな状態でした。
にも関わらず堂林が笑顔で手を振ったりするので悲鳴が収まりません(^_^;)
エスカレーター付近の警備員の「下がってください!下がってください!」が響き渡ったりもしてましたw
女性陣だけでなく来ている子供たちも大興奮していましたね。


そんな感じでトークショーが始まりました。
最初はマエケン&堂林のあいさつから始まり、日清提供と言うことでとりあえずまたどん兵衛の話題をしていました。
この時マエケンが実際にどん兵衛を食べてたみたいですが、僕がいた位置からは遠くてよく見えませんでしたw
結構モクモクと食べてたっぽいです。
そう言えば去年も琢朗さんもひたすらモクモクと食べてましたね。
どん兵衛はうまい!とか一連のやり取りや感想がありました。


その後、マエケンがファン感で書いた絵が下手だったなどの雑談を経て、何やらマエケン&堂林二人による勝負が始まりました。
勝負の内容は、「日本の○○」というお題に沿ってフリップに自分なりの答えを書き、どちらの方がお客さんの共感を得られるか、というものでした。 
その判定は拍手の多さ大きさで決まるというものです。


まずひとつめは「日本の歌といえば?」というテーマでした。
これに堂林は『それ行けカープ』と答え、ちょっとだけみんなで歌ったりしましたw
マエケンはイヤらしい答えやなーとか、俺が考えた案そのままやんとか堂林をイジリまくってましたね。
そのマエケンは自身の登場曲、石井杏奈さんの『You're my Hero』
ちなみにこの勝負の軍配は、イヤらしい回答といじられはしたものの堂林の圧勝でした。


堂林マエケントークショー1
http://www.nikkansports.com/baseball/news/photonews_nsInc_f-bb-tp0-20131124-1222663.html


次のお題は『日本の技といえば?
これは堂林はマエケンさんのフィールディングと、見事に先輩を立てる回答。
これに対してマエケンは、出来るだけサード方向(堂林の方)に打球が行かないよう頑張って獲ってるだけ!と笑いを取ってました。
でも今年は断然守備がうまくなったと、そのフォローもしっかりと言ってました。
この辺がマエケンは話しが上手ですよね。

そしてマエケンの回答は堂林のライトへのホームランと、互いにたたえる回答。
引っ張りでもなく、体もそんなに大きくない堂林がライトへあれだけ飛ばせるのは本当に天性のものと言っていました。
しかし、マエケンはこれだけで終わりません。
これは体裁で、実は裏に本当のことを書いてあると言ってフリップを裏返します。
するとそこには『カープの応援』
ファンサービスもしっかりですね。さすがです。
1回から9回までスクワットは大変そう、でもこうやってファンも一体となって試合を頑張ってる、とても凄いことだと思うとのことでした。
これはマエケンが勝ちました。


たしかお題はこの二つだけ?だったと思います。ちょっと怪しいですが・・・。
勝った方に日清食品さんからの景品を渡すということでしたが、これで勝敗がタイとなり、どちらがいいか今一度拍手で決めることになりました。
絶対負けるやんこんなん・・・とマエケンはボヤいてましたが、意外と同じくらいの拍手の量で判断がつかないというハプニングw
仕方なく手前にいるお客さんに決めてもらい、最終的にマエケンが勝ちました。


この後は、来ているお客さんからの質問コーナーでした。
色々な質問があってあまり覚えていませんが、印象的だったのは、マエケンは登板二日前くらいなら少し投げるけど、それ以外はとにかく肩を休めるように調整しているという所でした。
それと最後に尊敬する人は?』との質問に、堂林は前田智徳選手」と答えていました。
野球に対するひたむきな姿は凄まじいとのことでした。
マエケンは最初桑田さんがずっと好きだけど、現役ではダルビッシュ選手」と答えていました。
ただその後に続けてカープの中では僕も前田智徳選手」と言っていました。
ファンの間だけでなく選手の間でもやはり前田の存在は大きかったみたいですね。




最後にマエケンからのあいさつで「来年こそは選手とファン一体となって優勝しましょう!!」と締めて、トークショーは終わりました。
その後メディア用に撮影会が行われました。
マエケンも「ブログブログ!」と言いながら自分の個人ケータイでパシャパシャと写真撮ってましたwww


そして別れ際には、新聞記事にもなり当ブログでも取り扱いましたが、
「堂林は今彼女が、いぃ~~~~~~・・・・ない!」
と笑わせて会場を去りました。



※鯉速関連記事:『マエケン「堂林に彼女は、い~~~~~・・・ない!」



両選手が去った後はカープクイズが少しあり、クイズに正解した人にカープグッズをプレゼントしたりしていました。
20131124_マエケン&堂林015

その頃にはたくさんいた人も一気に減って、半分ほどになってましたね^_^;
クイズも少しだったので、あっけなく終わり。
こんな感じでトークショーは全て終了しました。


20131124_マエケン&堂林018



全体的な印象として、堂林も落ち着いて楽しく話していましたが、マエケンは最初から最後まで余裕な気持ちで、トークショー自体を楽しんでる感じでしたね。
テレビ慣れしてることもあるからか、会場の空気も読めるし笑いも取れるし堂林へのフォローもしっかりしてました。
今年は解説も良かったし、野球だけでなくトークのフィールディングも素晴らしいですね。
もし現役を離れても仕事には困らないかもしれません。

それに何と言ってもやはり間近で見ても堂林は超イケメンですね
ヽ(*>∇<)ノ♪
マエケンも堂林もスラっと細身でスタイル抜群なのでよりカッコ良く見えますね!





毎年思うことですが、オフシーズンでもこういったイベントはカープファンにはたまらないと思っています。
会場に来ていた子供たちもいい思い出になったのではないでしょうか。
このイベントに限らず、広島にいると様々な場所にカープ選手が出席したりします。
実は昨日はこれ以外にも、別の場所では木村選手や岩本選手などが来るイベントもありました。
広島にお住まいでないカープファンの方でも、もし広島に来られるときなどあれば、こういったイベントがないかちょっと調べてみて、参加してみると面白いかもしれません。
無料のものも多いのでちょっとオススメです。
でも人は多いかもしれません(o-∀-o)


またダラダラと長くなってすみません。。。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

今回の記事はこれにて終わりますが、もちろん僕がここに書いたことよりもまだまだたくさんの話しがありました。
もしイベントに参加された方で、こういうのもあったよね、あれが楽しかったね、というものがあればどんどんコメントしてくれると嬉しいです(o^▽^)o)


今回は以上です。
今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。



おしまい。